「仲直り専門」カウンセリング

あなたと、大切な人との仲直りを実現する「仲直り専門のカウンセリング」です。



「仲直り専門」カウンセリング

あなたと、大切な人との仲直りを実現する「仲直り専門のカウンセリング」です。


《録音カウンセリング》

  録音カウンセリング」とは

あなたが困っている状況」を

 「すばやく確認するために

   役立つオプションです。

(※あなたの「仲直り」を、より素早くおこなうために役立つオプションです)


仲直りに立ちはだかる
「1番の壁」

あなたと2人でおこなう」
仲直りカウンセリングで、

1番の壁となるのが

「相手の存在が見えない」

ことです。

 電話カウンセリング中は、

  • あなた」のお話をお聴きして
  • あなた」と「相手」の方が仲直りをできるように

カウンセリングを進めていきますが

  ここで1番困るのが、

あなたと相手の実際のやりとり

が、わからないことです。

  • 実際は、あなたがどんなふうに相手と話していて
  • 相手は、実際はどんなふうに「あなた」と接しているのか

  生の実際の声がわからず、

これを
あなたの話からでしか
聞くことができない点です。


  1番良いのは、

  • 「仲直りカウンセリング」が
  • 「あなた」と「相手」のもとにお伺いして
  •   そこで面と向かって
  • 「あなた」と「相手」のお話を聞く。

  こうすれば
 「お2人の意見」を

その場ですりあわせることができるので、

一番早いのですが、

電話カウンセリングでは、それができないので、

  • 「あなたからお聴きした話」と
  •   実際の「あなたと相手とのやりとり」の録音

この2つを使って仲直りの
アプローチをすることで、

仲直りしていただくスピードを早めることができます。

実際に相手の方と、どのような関係になっているのかを、
録音した音声をつかって把握することができるからです

「よくわかっていれば」
問題の解決につながる

「あんまり、よくわかっていない人」

  に相談しても、

「相談した相手」も
「あんまりよくわかっていない」ので

  問題の解決につながりませんが、

「よくわかっている人」に相談をすれば

「相談した相手」が「あなたの状況をよくわかっている」ので、

  問題の解決につながりやすいのです。

そして、

「あなたと相手の状況が」
よくわかるようになるために、

  • あなた」と「相手」の
    やりとりの録音

これが役に立つのです。


※「録音カウンセリング」は

「2回目以降の電話カウンセリング」で、ご利用いただくことをおすすめしています。

「録音カウンセリング」では、

「あなたの状況をお伺いしてから」
でないと、

「どんなシチュエーションで、
相手との状況を録音していただいたらいいのか」

がわからないため、

「1度、電話カウンセリングを
受けていただいてから」

「2回目以降の電話カウンセリング」で、

録音カウンセリングをご利用いただくことをおすすめしています。

最初から(1回目から)
「録音していただいたもの」
をお送りいただいても、

  • 「あなた」が相手と、

「どんなことで困っているのか」

  これがわからないので、

「録音していただいた音声」を、どんなふうに聞いたらいいのかがわからないのです。

(※あなたのことを、まだなにも知らないからです。)

まったく知らない、
一度も会ったことのないかたから、

録音していただいたものを送られても,よくわからないのと同じなのです。

一度お話をきいたうえで、「こんなことで困っている」

「だからこういう状況を録音して送ってもらえれば状況がよくわかる」

というものなのです。

  もしも「録音カウンセリング」をご希望の場合は

「電話カウンセリングの2回目以降」にオプションでおつけください

「録音カウンセリング」をつけるのは

  1. ①「録音して、相手との状況を把握したほうが良い」場合のみでかまいません。
  2. ②「相手とのやりとりを録音しなくても」電話カウンセリングのみで、
    特段問題ない場合もあります。
  3. ③  必要な場合にのみ、
    「録音カウンセリング」をオプションでおつけください。
  4. ④「オプションをつけたらいいか」よくわからない場合は、
    最初の電話カウンセリングのときに「録音カウンセリングについて」お聴きください。

《録音カウンセリング》

  「録音カウンセリング」とは、

「あなたが困っている状況」を、

「すばやく確認するために」

   役立つオプションです。

(※あなたの「仲直り」を、より素早くおこなうために役立つオプションです)


 「仲直りに立ちはだかる1番の壁」

あなたと2人でおこなう」仲直りカウンセリングで、

1番の壁となるのが、」

相手の存在が見えない」

 ことです。

 電話カウンセリング中は、

  • 「あなた」のお話をお聴きして、
  • 「あなた」と「相手」の方が仲直りをできるように

カウンセリングを進めていきますが、

  ここで1番困るのが、

あなたと相手の実際のやりとり」

が、わからないことです。

  • 実際は、あなたがどんなふうに相手と話していて
  • 相手は、実際はどんなふうに「あなた」と接しているのか

  生の実際の声がわからず、

これを「あなたの話からでしか」聞くことができない点です。


  1番良いのは、

  • 「仲直りカウンセリング」が、
  • 「あなた」と「相手」のもとにお伺いして、
  •   そこで面と向かって、
  • 「あなた」と「相手」のお話を聞く。

  こうすれば「お2人の意見」を、

その場ですりあわせることができるので、

一番早いのですが、

電話カウンセリングでは、それができないので、

  • 「あなたからお聴きした話」と
  • 実際の「あなたと相手のやりとり」の録音

この2つを使って仲直りのアプローチをすることで、

仲直りしていただくスピードを早めることができます。

実際に相手の方と、どのような関係になっているのかを、
録音した音声をつかって把握することができるからです

 「よくわかっていれば」問題の解決につながる  

「あんまり、よくわかっていない人」

  に相談しても、

「相談した相手」も「あんまりよくわかっていない」ので、

  問題の解決につながりませんが、

「よくわかっている人」に相談をすれば、

「相談した相手」が「あなたの状況をよくわかっている」ので、

  問題の解決につながりやすいのです。

そして、

「あなたと相手の状況が」よくわかるようになるために、

  • 「あなた」と「相手」とのやりとりの録音

これが役に立つのです。


※ 「録音カウンセリング」は、

「2回目以降の電話カウンセリング」で、ご利用いただくことをおすすめしています。

「録音カウンセリング」では、

「あなたの状況をお伺いしてから」でないと、

「どんなシチュエーションで、相手との状況を録音していただいたらいいのか」

がわからないため、

「1度、電話カウンセリングを受けていただいてから」

「2回目以降の電話カウンセリング」で、

録音カウンセリングをご利用いただくことをおすすめしています。

最初から(1回目から)「録音していただいたもの」をお送りいただいても、

  • 「あなた」が相手と「どんなことで困っているのか」

  これがわからないので、

「録音していただいた音声」を、どんなふうに聞いたらいいのかわからないのです。

  (※あなたのことを、まだなにも知らないからです。)

(まったく知らない、一度も会ったことのないかたから、

録音していただいたものを送られても,よくわからないのと同じなのです。)

(一度お話をきいたうえで、「こんなことで困っている」

「だからこういう状況を録音して送ってもらえれば状況がよくわかる」

というものなのです。)

  もし「録音カウンセリング」をご希望の場合は

「電話カウンセリングの2回目以降」にオプションでおつけください

「録音カウンセリング」をつけるのは、

  1. ①「録音して、相手との状況を把握したほうが良い」場合のみでかまいません。
  2. ②「相手とのやりとりを録音しなくても」電話カウンセリングのみで、
    特段問題ない場合もあります。
  3. ③必要な場合にのみ「録音カウンセリング」をオプションでおつけください。
  4. ④「オプションをつけたらいいか」よくわからない場合は、最初の電話カウンセリングのときに「録音カウンセリングについて」お聴きください。

 [ 電話カウンセリング ] を受けて仲直りしたい方へ。

この下の「電話カウンセリングを予約する」からご予約ください。

(※ご予約の前に必ず「ご予約前の注意点」をご確認ください。)

  ご予約前の注意点  

電話カウンセリングの特徴 はこちら
電話カウンセリングの流れ はこちら
電話カウンセリング予約前の注意点 はこちら

(※状況によってはご依頼をお引き受けできない場合があります。)
(必ず「電話カウンセリング予約前の注意点」をご確認ください。)

 [ 電話カウンセリング ] を
  受けて仲直りしたい方へ。

この下の、
「電話カウンセリングを予約する」
からご予約ください。

※ご予約の前に必ず、
「ご予約前の注意点」をご確認ください。




(※1 状況によってはご依頼をお引き受けできない
場合があります。)





(※2 必ず「電話カウンセリング予約前の注意点」を
ご確認ください。
)