「仲直り専門」カウンセリング

あなたと、大切な人との仲直りを実現する「仲直り専門のカウンセリング」です。


【大切なひととの仲直り】

【大切なひととの仲直り】

仲直りをしたいけど、、、

「なんとかして仲直りしたい」

「いつもすれ違ってしまうばかりで、どうしたらいいかわからない」

「相手のことは大事に思っているけど、自分の気持ちが伝わらない」

「話し合おうとすると、いつもケンカになってしまう」

「もう長い間、会話もない。仲直りなんて、もう無理だ。」

 「以前と同じように、仲の良い関係に戻りたい」
 だけどどうしたらいいかわからずに、途方にくれてしまう、、、

もしかしたら、あなたもこんな状況じゃないでしょうか。

仲直りをしたいけど、、、

「なんとかして仲直りしたい」

「いつもすれ違ってしまうばかりで、どうしたらいいかわからない」

「相手のことは大事に思っているけど、自分の気持ちが伝わらない」

「話し合おうとすると、いつもケンカになってしまう」

「もう長い間、会話もない。
仲直りなんて、もう無理だ。」

「以前と同じように、仲の良い関係に戻りたい」
だけどどうしたらいいかわからずに、途方にくれてしまう、、、

もしかしたら、あなたもこんな
状況じゃないでしょうか。

もしもあなたが、このままずっと同じようにすごしていったとしたら、
1年後、2年後には、相手との関係は今よりももっと悪くなってしまうんじゃないでしょうか?

もしもこのままなにもせず、ただ時間だけが経っていったとしたら、
「あなたにとって大事な相手」とは、もう修復できない状態になってしまうのではないでしょうか。

「相手と仲直りしたい」そう思ったときには、もう手遅れになってしまうのではないでしょうか。

【仲直りが難しい時代に】

【仲直りが難しい時代に】

いまは平成から「令和の時代」になり、昔とくらべるとより厳しい時代になりました。

家庭不和による離婚の増加、
厳しい社会情勢による、仕事の不安定化などが年々増えてきています。

さらに社会は年々厳しさを増し、
そのしわ寄せが「家庭」や「仕事」などの人間関係に影響を与え、
以前は普通に生活し相手と良い関係を持てていた」ものが、
今ではそれさえもできなくなってきています。

日々の厳しさや忙しさで、こころに余裕をもてなくなってきたからです。

私の身近なところでも、

  • 「ちょっとしたことでも腹を立ててしまう」
  • 「いつも相手に不満を言ってしまう」
  • 「ずっとイライラしてしまい、相手との関係がうまくいかない」
  • 「相手と仲直りしたいけど、自分ではどうしたらいいかわからない」

こんな人たちであふれています。

もしかしたらあなたも、同じようなことで悩んでいるのではないでしょうか?

「仲直りカウンセリングを受けた方」の中に、
 こんな方がいました。

「仲直りカウンセリングを受けた方」
 の中に、こんな方がいました。

仲直りカウンセリングを受けられたかたの中に、こんな方がいました。

  • 相手とはいつも険悪なムード。
  • お互いにいつもイライラ。
  • 口をひらけば、「○○してくれない」と不満ばかり。
  • 自分の気持ちを、まったく相手が理解してくれない
  • 一緒にいても雰囲気が悪くなるので、できるだけおなじ場所にいないようにしている

こんな方だったんです。

相手との関係はうまくいかず
本当は相手のことを大事に思っているけど、

どうやって仲直りしたらいいのかがわからない。

どうやって相手と関係を改善していったらいいのかがわからない。

こんな方だったんです。

  • 相手と顔をあわせればいつもイライラ。
  • 気がつけば、相手に対して不満を言い、
  • 相手も、自分に対して不満やグチを言ってくる
  • 一緒にいてもリラックスできない
  • むしろおなじ場所にいると苦痛だ

こんなどうしようもない状態でした。

 それが「仲直りカウンセリングを受けた後」は、
 こんなふうに変わりました。

 それが
「仲直りカウンセリングを受けた後」
 こんなふうに変わりました。

それが仲直りカウンセリングを受けたことで、
こんなふうに変わりました。

  •  相手と一緒にいることが苦痛ではなくなりました
  •  そして一緒にいてリラックスできるようになりました。
  •  相手にイライラすることがなくなりました
  •  そして自分から相手に対して怒るということもなくなったんです
  •  そうなると、不思議と相手も自分に対して、不満を言わなくなり、
  •  お互いに「いがみあう」ということがなくなりました。

  •  相手と一緒にいることが苦痛ではなくなりました
  •  そして一緒にいてリラックスできるようになりました。
  •  相手にイライラすることがなくなりました
  •  そして自分から相手に対して怒るということもなくなったんです
  •  そうなると、不思議と相手も自分に対して、不満を言わなくなり、
  •  お互いに「いがみあう」ということがなくなりました。

 今では○○さんは、
仲直りした相手の気持ちが理解できるようになり
「仲直りした相手も、自分のことを気遣ってくれるようになった」
そんな良好な関係を築くことができるようになったんです。


もしあなたも、この2人のように同じ変化を起こせたとしたら、
それには価値があると思いますか?


もしあなたも、
この2人と同じように変化を起こせたとしたら、
それには価値があると思いますか?

 なぜこれが、あなたにとって役に立つのか?

 なぜこれが、
 あなたにとって役に立つのか?

これがなぜ、
あなたにとって役に立つのかといいますと、

あなたは余計な時間を使わなくていいんです。

  •  「どうやったら仲直りできるんだろう」と色んな方法を探して試すことに時間を使ったり、
  •  本屋さんへ行って「仲直りの本」を探して、その本を買って読んでみたり、
  •  インターネットで「仲直りの方法」を検索して、「これかな」「あれかな」と試行錯誤して書かれていた内容を自分なりに試してみたり、
  •  「友達に相談をして」よくわからないアドバイスをもらって、それを実際にやってみたら全然うまくいかなかったり、

いろいろやってみたけど、それでもやっぱりうまくいかない。

  •  「どうやったら仲直りできるんだろう」と色んな方法を探して試すことに時間を使ったり、
  •  本屋さんへ行って「仲直りの本」を探して、その本を買って読んでみたり、
  •  インターネットで「仲直りの方法」を検索して、「これかな」「あれかな」と試行錯誤して書かれていた内容を自分なりに試してみたり、
  •  「友達に相談をして」よくわからないアドバイスをもらって、それを実際にやってみたら全然うまくいかなかったり、

いろいろやってみたけど、それでもやっぱりうまくいかない。

でもそれは、あなたは悪くありません。


なぜなら正しく「仲直りする方法」について、これまでその方法を教えてくれるひとや、相談できる場所が無かったからなんです。


なぜなら正しく「仲直りする方法」について、これまでその方法を教えてくれるひとや、相談できる場所が無かったからなんです。

 どれだけ苦しんでも「仲直りできない」人たち

 どれだけ苦しんでも
 「仲直りできない」人たち

なぜ私がこの話をするのかといいますと、

私はこれまで、多くの「仲直りできない」人たちを見てきたからです。

その人たちは、

  • 顔を合わせれば、お互い文句を言いあう
  • お互いにいつも相手に不満を持っている
  • 月日がたてばたつほど、どんどん相手との関係が悪化し、ひどくなっていく

こんな人たちです。

さらに悪いことには、
その「仲直りできない人たち」は、
時間がたてばたつほど、どんどんお互いにイガみあっていくということです。

  • 時間がたてば自然と相手に対する不満が減っていく
  • 時間がたてば自然にイガみあうことが減っていく

 というのではないのです。

  • 時間がたてば自然と相手に対する不満が減っていく
  • 時間がたてば自然にイガみあうことが減っていく

 というのではないのです。

なにもしなければ、
時間がたてば経つほど、
どんどんどんどん、相手との関係が悪化していっているのです。

 「相手と自然に仲直りすることができるのに。」

 「相手と自然に仲直りすることが
 できるのに。」

私はこれまで、そんな人たちを見ていて、いつもこう思っていました。

「そんなにイガみあわなくても、

お互いに不満を持たなくても、

こんなふうにお互いにやっていけば、

お互いの不満も消えていき、

2人とも、相手と自然に仲直りすることができるのに。」

そんなにイガみあわなくても

お互いに不満を持たなくても

こんなふうにお互いにやっていけば、

お互いの不満も消えていき、

2人とも、相手と自然に仲直りすることができるのに。

そこであるとき私がその2人の間に入り、

 そこであるとき私が2人の間に入り、

  •  お互いの気持ちを聴き、
  •  2人の関係悪化の原因を見つけ、
  •  それを取り除いてみると、

それが驚くほどうまくいったのです。

  •  お互いに怒鳴りあい、
  •  罵倒しあっていた2人が、

私が問題を取り除いたあとは、

  •  お互いの気持ちを聴き、
  •  2人の関係悪化の原因を見つけ、
  •  それを取り除いてみると、

 それが驚くほどうまくいったのです。

  •  お互いに怒鳴りあい、
  •  罵倒しあっていた2人が、

 私が問題を取り除いたあとは、

  •  冷静になることができ
  •  相手のことを理解することができるようになり
  •  「これから相手との関係を良いものに変えていこう」

  •  冷静になることができ
  •  相手のことを理解することができるようになり
  •  「これから相手との関係を良いものに変えていこう」

2人がそう思えるようになったのです。


その出来事が起きてから私は、
・「本当は相手のことを大事に想っているのに」
・「ただ仲直りする方法がわからない」というだけで、
・ ずっとつらい思いをしている、
そんな人たちを助けたいと思うようになりました。

  その出来事が起きてから私は、

  • 「本当は相手のことを大事に想っているのに」
  • 「ただ仲直りする方法がわからない」というだけで
  • ずっとつらい思いをしている

そんな人たちを助けたいと思うようになりました。

・大切なひとと、仲直りをしてもらい、
・幸せな時間をすごしてほしい。
 そう思うようになりました。

これがなぜ、あなたにとって大事なのかといいますと、 

これがなぜ、
あなたにとって大事なのか

 

あなたにとって、
「大事なひと」や
「仲直りしたい相手」
その人とずっと仲直りできずに、

これからの長いあなたの人生のなかで相手と一緒にいる時間や、
相手と一緒にすごす時間を、

  • イガみあったり
  • 不満を言いあい、ののしりあう

こんな状態のまま、
これからずっとすごしていって欲しくないからなんです。

「そんなことで、ずっとつらい思いをしなくてもいい」ということを知って欲しいからなんです。

あなたにとって大事な人とは、仲直りすることができますし、
幸せな関係を築いていくこともできるんです。

でもそこには、あなたの、

  •  ちょっとした思いこみ
  •  長い間にふりつもってしまった色眼鏡が

かかっている可能性があります。

これを払いのけて「相手と仲直りできた」幸せな時間を手に入れてください。

でもそこには、あなたの、

  • ちょっとした思いこみ
  • 長い間にふりつもってしまった色眼鏡が

かかっている可能性があります。

これを払いのけて「相手と仲直りできた」幸せな時間を手に入れてください。

これから「その仲直りのために必要な要素」についてお伝えします。

 これから
「仲直りのために必要な要素」
 についてお伝えします。

 

 その要素には4つあります。

  1. もつれた頭の中を整理する
  2. 相手に対する不満を解消する(消してしまう)
  3. 相手の気持ちを理解する
  4. 「仲直りするための」アクションをおこす

  1. もつれた頭の中を整理する
  2. 相手に対する不満を解消する(消してしまう)
  3. 相手の気持ちを理解する
  4. 「仲直りするための」
    アクションをおこす



 ① もつれた頭の中を整理する

 ① もつれた頭の中を整理する


まず1つ目は、


まず1つ目は、

  1. あなたの「もつれた頭の中」を整理する

  1. あなたの
    「もつれた頭の中」
    を整理する

ことが必要です。


相手と仲直りするためには、
あなたの心の中が落ち着き、冷静な状態になっていなければなりません。


腹が立ち、憤って(いきどおって)いる状態では、
相手と仲直りすることはできないからです。


相手と仲直りするためには、
あなたの心の中が落ち着き、
冷静な状態になっていなければなりません。


腹が立ち、憤って(いきどおって)いる状態では、
相手と仲直りすることはできないのです。



 ② 相手に対する不満を解消する(消してしまう)

 ② 相手に対する不満を解消する
  (消してしまう)

2つ目は、

  2つ目は、

  1. 相手に対する不満を解消する(消してしまう)

  1. 相手に対する不満を解消する(消してしまう)


ことが必要です。


  ことが必要です。


もし、あなたの心の中に「相手に対する不満」がうずまいていたとしたら、
あなたは「相手と仲直りすること」はできません。


人は「不満だらけ」のひととは仲直りすることはできないからです。

もし、あなたの心の中に
「相手に対する不満」が
うずまいていたとしたら、

あなたは「相手と仲直りすること」はできません。

人は「不満だらけ」のひととは
仲直りすることはできないからです。



 ③ 相手の気持ちを理解する

 ③ 相手の気持ちを理解する


3つ目は、


 3つ目は、

  1. 相手の気持ちを理解する

  1. 相手の気持ちを理解する


ことが必要です。


 ことが必要です。

「仲直り」をするためには、
「相手の気持ちを理解する」ことが不可欠です。

なぜなら相手との関係が悪化してしまった理由は、
「相手の気持ちを理解できていなかったこと」が原因だからです。


相手の気持ちを、もっと早い段階で理解し、
仲が悪くならないように、相手と接することができていれば、
相手との関係を、今よりも良いものにすることができたからです。

「仲直り」をするためには、
「相手の気持ちを理解する」こと
が不可欠です。

なぜなら相手との関係が悪化してしまった理由は、
「相手の気持ちを理解できていなかったこと」が原因だからです。

相手の気持ちを、もっと早い段階で理解し、
仲が悪くならないように、相手と接することができていれば、
相手との関係を、今よりも良いものにすることができたからです。



 ④ 「仲直りするための」アクションをおこす

 ④ 「仲直りするための」
   アクションをおこす


4つ目は、


4つ目は、

  1. 「仲直りするための」アクションをおこす

  1. 「仲直りするための」
     アクションをおこす


ことが必要です。


 ことが必要です。

  • どれだけ「相手と仲直りしたい」と思っていても、
  • どれだけ「相手に対する不満」を消せたとしても、
  • どれだけ「相手の気持ち」を理解できたとしても、

「仲直りするための」アクションを起こすことができなければ、
相手との関係は、今となにも変わりません。

「心の中で思っていれば、自然と相手との関係が良くなる」
というものではありません。

  1.  まずは「あなたのもつれた頭の中を整理」し、
  2.  あなたの「相手に対する不満」を消し、
  3.  そして「仲直りしたい相手の気持ちを理解」する。

この順番で準備ができたら、

  1. 「仲直りするためのアクションを起こす」

このように実際に行動を起こしていくことで、
相手との関係が良いものへと変化していくのです。

  • どれだけ「相手と仲直りしたい」と思っていても、
  • どれだけ「相手に対する不満」を消せたとしても、
  • どれだけ「相手の気持ち」を理解できたとしても、

「仲直りするための」アクションを
起こすことができなければ、

相手との関係は、今となにも変わりません。

「心の中で思っていれば、自然と相手との関係が良くなる」というものではありません。

  1.  まずは、
    「あなたのもつれた頭の中を整理」し、
  2.  あなたの
    「相手に対する不満」
    を消し、
  3.  そして
    「仲直りしたい相手の気持ちを理解」する。

この順番で準備ができたら、

  1. 「仲直りするための
     アクションを起こす」

このように実際に行動を起こしていくことで、相手との関係が良いものへと変化していくのです。



よくある失敗例 ①「言われた通りにやったのに、うまくいかない」

よくある失敗例 ①
「言われた通りにやったのに、
 うまくいかない」

 

ただし、

  1. 「仲直りするためのアクションを起こす」

  1. 「仲直りするためのアクションを起こす」

ここでよくある間違いが、

  •  「頭の中を整理もせず」
  •  「相手に対する不満を持ったままで」
  •  「相手の気持ちも理解することなく」

「ただ仲直りしたいという気持ちだけで」アクションを起こして失敗するというものです。

  • 「頭の中を整理もせず」
  • 「相手に対する不満を持ったままで」
  • 「相手の気持ちも理解することなく」

「ただ仲直りしたいという気持ちだけで」アクションを起こして失敗するというものです。


あなたの頭の中を整理もせずに、
ただ相手に謝ったとしても、
相手は「あ、なにもわかってないのに、ただ謝ってるだけなんだ」と感じて、
あなたと関係を修復しようとは思わないでしょう。


あなたの頭の中を整理もせずに、
ただ相手に謝ったとしても、

相手は
「あ、なにもわかってないのに、
ただ謝ってるだけなんだ」
と感じて、

あなたと関係を修復しようとは思わないでしょう。


それと同じで、
あなたが「相手に対する不満」を持ったままで、
相手と仲直りしようとするとどうなるでしょうか?


それと同じで、
あなたが「相手に対する不満」を持ったままで、
相手と仲直りしようとするとどうなるでしょうか?


ただ単に「仲直りしようとしている」と相手は感じ、
それにくわえて「あなたが相手に持っている不満」を、相手は敏感に感じ取ります。


「ただ単に仲直りしようとしている」
と相手は感じ、それにくわえて、
「あなたが相手に持っている不満」を、
相手は敏感に感じ取ります。


自分に対して敵意(不満)を持っているひとと、
「仲直りしよう」と思うひとはいません。
ですから、この状態で仲直りしようとしてもうまくいかないのです。


自分に対して敵意(不満)を
持っているひとと、

「仲直りしよう」
と思うひとはいません。

ですから、この状態で仲直りしようとしてもうまくいかないのです。

(よくある失敗例 ①/ 「仲直りしたい」という気持ちだけでアクションを起こして失敗する)



  よくある失敗例 ②
「相手の気持ちを理解しないまま、
 仲直りをしようとする」

  よくある失敗例 ②
「相手の気持ちを理解しないまま、
 仲直りをしようとする」

そして、3つ目の、

  1. 「相手の気持ちを理解しないまま」仲直りしようとする。

  1.  「相手の気持ちを理解しないまま」
    仲直りしようとする。

これも失敗に終わります。


失敗してしまう理由は、


失敗してしまう理由は、

相手との関係が悪くなってしまったその原因は、
「相手の気持ちを理解できていなかったこと」

相手との関係が悪くなってしまったその原因は、
「相手の気持ちを理解できていなかったこと」


これが原因だからです。


これが原因だからです。

なぜなら、

  • 「もし相手の気持ちを理解できていれば」
  • 「こうすれば相手は喜んでくれる」

ということも自分であらかじめわかるからです。

相手の喜ぶことが理解できていれば、仲の良い関係を相手と築くことができるからです。

なぜなら、

  • もし相手の気持ちを理解できていれば」
  • こうすれば相手は喜んでくれる」

ということも自分で、あらかじめ,わかるからです。

相手の喜ぶことが理解できていれば、仲の良い関係を相手と築くことができるからです。

ですから、
それができていない
ということは、

「相手の気持ちを理解できていない」ということ。

「相手の気持ちを理解できていない」
ということ。


「相手の気持ちを理解しないまま」仲直りをしようとしても失敗するのは、
ここに理由があるのです。


「相手の気持ちを理解しないまま」
仲直りをしようとしても失敗するのは、ここに理由があるのです。


(よくある失敗例② / 「相手の気持ちを理解しないまま、仲直りをしようとする」)


(よくある失敗例② / 「相手の気持ちを理解しないまま、仲直りをしようとする」)



 「相手と仲直りする」ために
 「あなたにとって」これがどんな意味があるのか

 「相手と仲直りする」ために
 「あなたにとって」
  これがどんな意味があるのか

これらの4つのことが、あなたにどんな意味があるのかといいますと、

  •  「相手と仲直りする」
  •  「相手と幸せな関係を築いていく」

  • 「相手と仲直りする」
  • 「相手と幸せな関係を築いていく」

このために、
ぜったいにこれは欠かせないということなんです。

相手と良い関係をたもち、お互いのことを大切にしながら生活をしていくっていうことになります。
相手と幸せな時間をすごしていくっていうことなんです。

  •  もう、毎日「うんざりするほど」相手とのことで悩んだり、
  •  毎日「どうすればいいんだろう」と思い悩む、
  •  それでも解決策がわからず、
  •  見つからず、
  •  苦しい時間がずっと続いていく、

  •   もう、毎日「うんざりするほど」相手とのことで悩んだり、
  •   毎日「どうすればいいんだろう」と思い悩む、
  •   それでも解決策がわからず、
  •   見つからず、
  •   苦しい時間がずっと続いていく、

こんなことからも解放されていきます。

「私はこんなに努力しているのに、
ぜんぜん理解してくれない」
こんな人生も手放すことができます。

あなたにとって、これがどんな意味があるのかといいますと、

あなたにとって、これがどんな意味があるのかといいますと、

  •  あなたが「仲直りカウンセリング」を受けることで、
    「あなたの大切な人たち」を幸せにすることにもつながる、
     っていうことなんです。
  •  あなたの心のなかが落ち着き、あなたが幸せを感じられるようになることで、
    その気持ちを周りの人たちへ伝えることができるようになります。
  •  あなたにとって大切なひとたちへ、
     「あなた自身の幸せ」を伝えられるようになるっていうことなんです。

  •  あなたが「仲直りカウンセリング」を受けることで、

      「あなたの大切な人たち」を幸せにすることにもつながる、っていうことなんです。

  •  あなたの心のなかが落ち着き、あなたが幸せを感じられるようになることで、

       その気持ちを周りの人たちへ伝えることができるようになります。

  •  あなたにとって大切なひとたちへ、

     「あなた自身の幸せ」を伝えられるようになるっていうことなんです。

あなたにとって、これがどんな意味があるのかといいますと、

あなたにとって、これがどんな意味があるのかといいますと、

  •  相手との関係のこと、
  •  仲が悪く気分はいつもイライラ、
  •  本当はやりたいことがあるのに「いつも頭の片隅がモヤモヤしている」
  •  相手とのことがいつも気になって、なにも手につかない、

  •   相手との関係のこと、
  •   仲が悪く気分はいつもイライラ、
  •   本当はやりたいことがあるのに
    「いつも頭の片隅がモヤモヤしている」
  •   相手とのことがいつも気になって、
     なにも手につかない、


こんな状態からも解放されていくということです。


こんな状態からも解放されていくということです。

  •  「あなたにとって本当に大事だと思えること」
      に時間を使えるようになるということなんです。

  • 「あなたにとって本当に大事だと思えること」に時間を使えるようになるということなんです。


これからあなたにすごしていただきたいのは、こんな人生です。


これからあなたにすごしていただきたいのは、こんな人生です。

  •  「相手と幸せな時間をすごす人生」
  •  「相手とお互いに理解しあえる人生」
  •  「お互いに相手を大事にしあえる人生」

  • 「相手と幸せな時間をすごす人生」
  • 「相手とお互いに理解しあえる人生」
  • 「お互いに相手を大事にしあえる人生」


これからこれを、実際に形にしていくということなんです。


これからこれを、実際に形にしていくということなんです。

「仲直りを実現するために必要な5つのポイント」

「仲直りを実現するために
 必要な5つのポイント」

今日はこのことを実際に形にしていくための大事なポイントについて「5つ」お伝えしていきます。

  • 「こころを平安な状態にしながら」
  • 「あなたの気持ちを大事にしながら」
  • 「相手の気持ちも理解していく」

そんな方法なんです。


もしも「そんな方法」があったとしたら、
あなたはその方法を学んで実践したいと思いますか?


もし「そんな方法」があったとしたら、あなたはその方法を学んで実践したいと思いますか?

今日はこのことを実際に形にしていくための大事なポイントについて
「5つ」お伝えしていきます。

  • 「こころを平安な状態にしながら」
  • 「あなたの気持ちを大事にしながら」
  • 「相手の気持ちも理解していく」

そんな方法なんです。


もしも「そんな方法」があったとしたら、
あなたはその方法を学んで実践したいと思いますか?


もし「そんな方法」があったとしたら、あなたはその方法を学んで実践したいと思いますか?